社内のエンゲージメントがグーンっとUP

経営者おすすめの社内コミュニケーションツール No.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ。
2018年10月期調査。

Talknoteはコミュニケーションを活性化することで、
社員がイキイキと仕事をすることを促進する
エンゲージメントクラウドです。

社内のコミュニケーションを
活性化!

ビジネスが
スピードアップ!

離職率の低減も
可能に!

POINT1 | 社内のコミュニケーションを活性化!

社内を活性化する機能が充実

「いいね!」やコメント、スタンプだけではなく、感謝の気持ちを
Talknoteで贈り合うことで、理念を更に浸透させ、
褒め合う文化を醸成、コミュニケーションを活性化することが可能です。

  • いいね/コメント
  • 自社専用スタンプ
  • 既読確認
  • サンクスカード

POINT2 | ビジネスがスピードアップ!

社内の情報をリアルタイムに把握できる

タイムライン機能で時系列に投稿を追うことができるので、
一目で会社の動きが分かります。

  • 理念の浸透
  • 各店舗/部署間の連携
  • 会社の透明性UP
  • ナレッジの共有

POIN3 | 離職率の低減も可能に!

社員のコンディションの見える化

「メンタル状況を可視化することで、上⻑からの的確なタイミングでの
1on1などのケアが可能に。
モチベーションの維持、離職率の低下を狙うことが可能です。

アクションリズム解析

社員の離職意向などに繋がる可能性のある
気持ちの変化を早期に発見する機能です。

※「アクションリズム解析」の特許取得(特許第6259947号)

Talknoteを無料トライアル

ただいま14日間無料でお試しいただけます

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
専任担当者が迅速・丁寧にご案内いたします。

導入事例

公私混同を防ぎ、
働きやすい職場を実現

株式会社ヴィエリス

業 種:美容

導入数:500名以上

「すべての女性をもっとキレイに」を経営理念に、全身脱毛サロン【KIREIMO / キレイモ】を全国に43店舗展開中(2016年11月現在)。 クチコミ数は業界No.1であり、モデル・タレント・アイドルも多数ご来店をしています。(出展:http://kireimo.jp/)

課題
公私混同することが多かった
Talknoteの導入前、社内でのやり取りはプライベートSNSを利用していました。しかし、プライベートツールなので、スタッフが休暇中でもその人に通知がいってしまい、休みの日にもかかわらず仕事に関する話題が目に入ったり、公私混同することが多かった。
コミュニケーションが一方通行だった
プライベートツールだと、日報を投稿しても、他のスタッフも同様に日報を投稿し、情報がどんどん流れていってしまうので、特定のスタッフの日報に対してその場でコメントができなかった。
効果
全社的な一体感がアップ
公私混同の課題は解消されました。また、全社的にコミュニケーションの取り方に変化が表れ、全社的な一体感が醸成されてきました。スタッフが共通の話題を持てるようになり、今まで接点がなかった人ともコミュニケーションを取るようになってきました。
褒め合う文化が醸成
[全社グループ]というグループでは、スタッフ同士で褒め合う投稿をしています。「この人のここが良かった!」など、スタッフが他のスタッフの良いところを見つけ、投稿をします。その投稿を月ごとに集計をして、一番褒められた人と一番褒めた人を表彰するんですね。このグループのおかげで、褒め合う文化が醸成されてきています。褒められることは、スタッフのモチベーションアップにつながるので、この取り組みは非常に良いと思っています。

1,000社以上の企業様にご利用頂いております。

※飲食、小売、製造、IT、医療など様々な業界で導入いただいております。

導入企業様ロゴ 導入企業様ロゴ
Talknoteを無料トライアル

ただいま14日間無料でお試しいただけます

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。
専任担当者が迅速・丁寧にご案内いたします。