社内のエンゲージメントがグーンっとUP

経営者おすすめの社内コミュニケーションツール No.1

※日本マーケティングリサーチ機構調べ。
2018年10月期調査。

1,000社以上の企業様にご利用頂いております。

※飲食、小売、製造、IT、医療など様々な業界で導入いただいております。

導入企業様ロゴ 導入企業様ロゴ

導入事例

離職率10%低下
スタッフの当事者意識
の醸成効果

株式会社エー・ピーカンパニー

執行役員 横澤 将司 様

業 種:飲食

導入数:500名以上

「食のあるべき姿を追求する」をミッションに掲げ、地鶏料理店「塚田農場」や海鮮居酒屋「四十八漁場」など国内外含め全10ブランド全260店舗を展開しています。2012年に、東京証券取引所マザーズに上場し、翌年には東証一部に市場変更。2016年には、「働きがいのある会社」ランキングにおいて、ベストカンパニーに選出されました。

課題
現場を含んだコミュニケーションが大きな課題に
販売の最前線に立つ現場の力を最大限に活かすため、「現場を巻き込んだ人・組織の活性化」をテーマに、組織改革を開始しました。しかし、そこで大きな課題になっていたのが、現場を含んだコミュニケーションでした。本部と店舗の連絡は直接せず、間にマネージャーや店長を挟んでいたので、本部が伝えたい情報の40%程度しか現場に届かない状況でした。これでは、現場の力を最大限に活かすことはできません。
200種類を超える魚種の情報を現場にまで共有できる方法を探していた
四十八魚場には、季節ごとに約200種類の魚、100種類のお酒、160種類のメニューがありますが、あまりにも情報が多すぎるため、アルバイトにはメニューだけ覚えてもらっていました。しかし、四十八漁場の売りは、鮮度の良さとそれを引き立てる料理・お酒。その価値をちゃんと伝えることで、お客様の満足につなげたいと思っていました。
効果
導入してから組織の情報伝達力が高まり、売上が18%向上
Talknoteのおかげでアルバイトにも本部が伝えたい情報をそのまま届けられるになりました。導入してから売上が18%向上し、組織の情報伝達力で業績が大きく左右されると実感しています。売上実績や感謝の言葉を直接伝えられることで、スタッフの販売意欲が向上し、全員が当事者意識を持って自走できる組織になりましたね。
アルバイトの離職率は10%低下、正社員化は15%増加
Talknoteでの情報共有方法により、スタッフの商品知識に関して、どこにも負けません。これが四十八魚場の他社には真似できない力です。導入から、アルバイトの離職率は10%低下 、アルバイトからの正社員化は15%増加勤続年数は2倍に向上しました。
リピート率が8%向上
お客様のリピート率が導入以前と比べ、8%増加。販売力増加とスタッフの定着率向上でこんなにも結果が変わるのかと驚きました。
事例集ダウンロード

他の会社の導入事例もご覧ください!